今日もうつ病の薬の副作用について書いていきます。
今回紹介するのはレクサプロです。

しびれや動機などの症状が現れるので、
その期間がどれぐらい続くのかをチェックしていきましょう。

 

スポンサーリンク


副作用の期間は?

うつ病の薬として有名なレクサプロ。

 

ゆううつな気分を楽にしたり、
不安を和らげる効果を持っています。
要は抗うつ剤ですね。

 

僕がこの薬を飲み始めたのは1月ですが、
物凄い効果がありました。

 

まず飲んだその日から
元気いっぱいになり、
夜はテンション上がりまくりで、
興奮しっぱなしです 笑。

 

先生によると
服用してから1,2週間の期間は
中々安定しないとのこと。

 

一時期は効果が凄すぎて
異常なまでのテンションでしたが、
4ヶ月服用している現在は安定しています。

 

レクサプロに限ったことではありませんが、
抗うつ剤は慣れるまでに
時間が掛かるものが多いです。

 

特に服用してから2~3日は、
余計にうつ病の症状が悪化する
なんてことも有り得ます。

スポンサーリンク


 

そういった症状が現れた場合は、
必ず医師に相談するようにしましょう。

 

しびれや動機の症状について!

レクサプロの副作用としては、
しびれや動機などの症状が見られます。

 

僕の場合は手がじんじんと
しびれることがたまにあります。

 

しびれに関しては最初だけで、
今はもう収まったのですが、
動機が起こることが多いです。

 

日中もそうですし、
昼寝した後なんかは
ほぼ毎回強い動機が起こっています。

 

これはレクサプロ特有の
副作用のようです。

 

動機と同時に強い不安に
襲われる場合があるのですが、
数分経過すると収まります。

 

そこまで気にすることでは
ないとは思いますが、
副作用がかなり強い場合には
医師に相談したほうが良いでしょう。

 

ちなみにレクサプロは
アルコールと同時に摂取したり、
入浴のタイミングに摂取すると、
薬の作用がかなり強くなる場合があります。

 

強い眠気に襲われる場合があるので、
レクサプロを飲む時はアルコールは控え、
入浴のタイミングを少しずらすようにしましょう。