うつ病になった多くの人は、
自分で自覚症状がありません。

 

私も嫁も母も、明らかにうつ病でしたが、
自分自身ではそれに気付きませんでした。

 

ちょっとした変化を見過ごさないためにも、
初期の症状についてまとめてみます。

スポンサーリンク


うつ病は自覚できない?

 

うつ病になった人は、
自分で自覚症状のない人が多いです。

 

嫁や母がうつ病になった時は、
言動や考え方が異常で、
傍から見れば明らかに病気だとわかりましたが、
本人はそれを認めようとはしませんでした。

 

『どう考えてもうつ病なのに、
なぜ自分でそれに気付かないのか?』

 

私はずっとそう思っていました。

 

しかし、いざ自分がうつ病に
かかると、嫁や母と同じで、
自分では自覚できませんでした。

 

『甘えているだけだ。』

『もっと頑張らなきゃ。』

『辛いのはみんな同じ。』

『自分がうつ病なはずはない。』

 

そのような考え方ばかりが
頭に浮かんできて、
自分がうつ病であるなど全く思いませんでした。

 

そういった考え方に陥っている時点で、
すでにうつ病になっています。

 

自分が異常であることを認めたくもありませんし、
うつ病なんて自分とは
無縁の病気であると思う人が大半でしょう。

 

症状を自覚できる人は少ないと思います。

スポンサーリンク


 

初期症状について!

 

うつ病を見過ごさない為にも、
初期症状はどんな感じになるのか
理解しておきましょう。

 

私、嫁、母親の経験では、
次のような初期症状がありました。

 

・口数が少なくなる。

・ぼーっとすることが多く集中力がなくなる。

・朝起きるのが辛くなる。

・マイナス思考になる。

・ネガティブな発言が多くなる。

・時折胸の動悸が起こる。

・頭痛や吐き気がする。

・食欲減退もしくは増加。

・異様に甘いモノが欲しくなる。

・対人関係が億劫になる。

・何に対しても意欲が亡くなる。

・一日中眠い。

・自分は甘えていると思い込む。

 

このような症状が出てくるようであれば、
うつ病を疑ったほうが良いです。

 

ただ、うつ病の診断はプロでも難しく、
簡単に判断できるものではありません。

 

その為、少しでも体調がおかしいと感じたら、
できるだけ早く精神科にかかることをお勧めします。

 

最初は抵抗はあるかと思いますが、
意外と普通の病院と変わりないですよ。

 

話を聞いてもらうだけでも楽になるので、
悩んでいる方は相談してみましょう。

 

自分では中々自覚できる病気ではないので、
家族・友人・同僚など、初期症状を感じるようであれば、
医者へかかるように進めてあげてください。