うつ病の人でも、お祝い事などでアルコールを
摂取しなければならない場面は出てくるでしょう。

そもそも、うつ病患者が
アルコールを摂取することに関して、
問題はないのでしょうか?

今回は、そんな時の注意点について述べていきます。

スポンサーリンク


うつ病の人はアルコールを摂取できるのか?

うつ病患者のアルコール摂取に関してですが、
避けた方が良いです。

 

アルコールとは、
摂取する度合いにもよりますが、
体にとっては毒となります。

 

体調が悪い時に、
飲むものではありません。

 

特に、うつ病とは心の病気ですから、
アルコールが体内に入ることにより、
精神状態が尚更乱れる可能性があります。

 

私はうつ病の時に、
友人の結婚式に出ました。

 

その時は祝いの席だったので、
多少のアルコールを摂取しましたが、
やはりそれが原因で体調が悪くなりました。

スポンサーリンク


 

普段よりも酔いが回るスピードが
格段に早かったですし、
かなり気持ちが悪くなって
吐きそうになってしまいました。

 

うつ病=アルコールが禁止

というよりも、

うつ病の薬=アルコールが禁止

といった方が良いかもしれません。

 

うつ病の薬には、アルコールと
相性の悪いタイプのものが多いです。

 

というよりも、どんな薬においても、
アルコールと一緒に飲んではいけません。

 

うつ病の薬にアルコールが混ざると、
血流が良くなり過ぎてしまって、
効果が強すぎて現れることがあります。

抗うつ剤が効果が効きすぎて、
やたらとテンションが上がってしまったり、
頭がぼーっとしたり、
注意力が散漫になるなどの副作用が現れます。

 

祝いの席などの場など、
アルコールを摂取しなければならない
場面はあるでしょう。

 

そのような時は、
口をつける程度にとどめておき、
過剰に摂取しすぎないにしましょう。