うつ病になった後も、仕事の関係などで、
車で運転をしなければならない機会はあるでしょう。

うつ病の方が車を運転する際の
注意点について書いていきます。

スポンサーリンク


うつ病の人は車を運転できる?

うつ病患者の車の運転についてですが、
できれば避けた方が無難です。

 

もちろん、100%止めた方が
良いというわけではありませんが、
安全を考えるならば、
運転はしない方が良いです。

 

なぜならば、
うつ病の人は注意力が散漫になるからです。

 

急に気分が落ち込んだり、
不安になったりすることもあるでしょう。

 

運転中にそのような症状に
襲われることも少なくはありません。

 

運転とは注意力が必要なので、
体調が万全の時に行うべきです。

 

私はうつ病を患っている時に、
車を運転する機会がありましたが、
めちゃくちゃ不安で怖かったです。

スポンサーリンク


 

やはり自分の状態をわかっているので、
何か重大な事故を起こしてしまうのではないかと
不安になったり、考え事をしてしまったり、
意識が運転以外の方向を向いてしまい、
注意力が散漫になってしまいます。

 

また、うつ病患者の場合は、
大半の人が抗鬱剤などの
何かしらの薬を飲んでいるでしょう。

 

薬の副作用にも、
眠くなったり、注意力が散漫になったり、
頭がぼーっとしたりする作用が含まれています。

 

運転をしていて急な眠気に襲われた、
だんだん頭がぼーっとしてきた、
などの症状が起こることがあるので、
そのような場合には注意が必要です。

 

以前事故で命を落とした
萩原流行さんですが、
彼も重度のうつ病でした。

 

うつ病が原因で、
何度も事故を起こしており、
その結果として、命を落としました。

 

そうのような事実を考えると、
やはりうつ病患者の運転は、
危険なのかな〜と思ってしまいます。

 

運転をしても良いか悪いかは、
うつ病の程度によるので、
担当医の判断に従うのが、
一番懸命な判断でしょう。