うつ病になってから
10ヶ月以上が経ちましたが、
ようやくほぼ完治してきました。

さて、うつ病と似た病気に、
対人恐怖症という病気があります。

特に就職が不安な人も多いと思うので、
克服方法について調べてみました。

スポンサーリンク


うつ病との関係性は?

うつ病と対人恐怖症とは
全く別の病気です。

 

しかし、うつ病に掛かった人は、
対人関係に恐怖を感じてしまう人が
多いと言われています。

 

実際に私もそうでした。

 

とにかく人と接することが
苦痛に感じていましたし、
人と話すにも緊張します。

 

今までは人と接することが
好きだった私ですが、
うつ病になってからは
引きこもりがちになりました。

 

そういう時の対処法ですが、
無理に人と接しようとしないことです。

 

うつ病はストレスに弱くなり、
ストレスを感じると、
尚更病気が悪化する可能性があります。

 

対人関係が億劫になっているにも関わらず、
無理に人と接しようとするとストレスを感じ、
精神的にもダメージを受けてしまうでしょう。

 

早く良くなる為に徐々に慣れさせようと
考える人が多いですが、
無理をする必要はありません。

 

うつ病が完治した後は、
人と普通に接することができるようになります。

 

私も今では、
対人関係が全く苦痛ではなくなりました。

スポンサーリンク


 

無理に人と接しようとはせず、
うつ病が治るのを待つようにしましょう。

 

対人恐怖症の克服方法は?

うつ病から生じた対人恐怖に関しては、
無理せず休息していれば元に戻ります。

 

しかし、根本的に対人恐怖症の人は、
当たり前ですが、
放置していても治りません。

 

今の若い人には
対人恐怖症が多いと言われています。

 

人と接すると緊張してしまう。

食事も喉を通らない。

何を話していいのかわからなくなる。

 

このままで就職なんてできるのか?
と、不安になる方も多いでしょう。

 

克服方法としては、
無理に治す必要はありません。
それもあなたの個性だからです。

 

ただ、対人関係に恐怖を感じるからと言って、
無理に人から遠ざかったり、
人の集まりを避けるようにするのは辞めましょう。

 

社会に出た場合は、
100%人と接する場面が出てきます。

 

その時の為にも、少しずつでも良いので、
人と接するようにして、
人の集まりにも顔を出すと良いでしょう。

 

スキルを身につけるのと同じで、
場数をこなせば徐々に慣れてきます。

 

いきなり人前で
スピーチしろとかプレゼンしろというのは
ハードルが高すぎますが、
まずは飲みの場の参加などからスタートして、
徐々にレベルを上げていくのが良いです。

 

対人恐怖症は必ず治ります。
焦らずゆっくりで良いので、
少しずつ改善していきましょう。