人生に疲れた…。死にたい…。
若くしてそう思っている20代の方は多いと思います。

私もうつ病になった時は、
人生に疲れ果てて、そして死にたいと思っていました。

そんな時はどうしたら良いのか?
気持ちが楽になる方法を書いていきます。

スポンサーリンク


たまには頑張らなくても良い!

現代はうつ病社会です。

 

特に、20代や30代の若いうちに、
うつ病を発症してしまう人も多いです。

 

その原因はプライベートの悩みだったり、
家族の病気だったりと様々あります。

 

ですが、その原因の多くは仕事の可能性が高いです。

 

日本人は真面目で、
とにかく異常なまでに働きます。

 

そんな日々に疲れを感じて、

『人生に疲れた…。』

『いっそのこと死んでしまいたい…。』

誰でも一度は経験あると思います。

 

この記事を読んでいるあなたも、
恐らく大きな悩みを抱えていることでしょう。

 

悩みが仕事であれ、
プライベートであれ、
あなたは頑張りすぎています。

 

このまま頑張り続ければ、
本当に病気になってしまうかもしれません。

スポンサーリンク


 

私は半年ほどうつ病を経験しましたが、
死ぬほど辛かったです。

 

人生そのものがつまらなく感じましたし、
何もかもが嫌になりました。

 

しかし、早い段階で対処をすれば、
うつ病はすぐに良くなります。

 

『疲れた。死にたい。』

 

もしもあなたがそう思っているのであれば、
現段階でうつ病になっているかもしれません。
もしくは、その前の段階かもしれません。

 

何にしても、
これ以上頑張るのはもう止めにしましょう。

 

今まで頑張りすぎてきたので、
たまには息抜きも必要です。

 

もしも仕事で悩んでいるのなら、
仕事を休んでも良いでしょう。

 

仕事のプレッシャーから解き放たれて、
リラックスをすることも必要ですよ。

 

人間の人生は80年です。
数日間休んだって何もバチは当たりません。

 

日本人は真面目なので、
仕事を休むことに罪悪感を感じる人が多いですが、
むしろ精神的にズタボロになって仕事をするよりも、
リラックスしてから仕事に臨んだ方が効率が良いです。

 

まずは休んで体調を整えてから、
その先のことをじっくり考えていきましょう。